本文へスキップ

デュージャパン株式会社はデータロガー・データレコーダ・FFT アナライザなど計測器全般をご提案します。

アプリケーションAPPLICATIONS

■カウンタ

カウンタは、RPMと回転機械の角度を測定するために使用されます。DEWESoftリアルタイム・カウンタは、102.4MHzの内部の時間ベースで常に現在のサンプル・レートから独立し動きます。標準的なカウンタと比較すると、数値は1つのサンプル後に、1、1、2、2、3、4の様に出力されますが、DEWESoftは完全に時間と振幅同期された1.37、1.87、2.37のような正確な数値を出力する事が出来ます。
追加カウンタで信号の立ち上がりエッジの正確な時間を測ることによって、それは実現されます。

■さまざまな異なるセンサをサポート

・1~3トラックによるエンコーダ(A,B,Z信号はリセット)

・線型パルスとパルスエンコーダ

・回転速度計入力は、角度とRPMを計算するために回毎分だけ要求します。
 これは、光学プロープと反射テープによる簡単な設置で考えられました。
 より高い正確さのために、「テープ・センサー」オプションは、等距離の
 黒と白のストライプで特別なテープを使用します。
 これは、固定設置の回転車輪の周囲に容易に設置する事もできます。




・代表的な自動車センサー、欠如歯(例えば60-2)
 または二歯によるギア歯、CDM、ゼロによるCDM、TRGによるCDM

■デジタル入力

各々の構成は、3つのデジタル入力から成ります。
それらを個別に使う事もできます。

■イベントカウンティング

周期、パルス幅、デューティサイクル

■波形タイミング

・基本的なイベントカウンティング
・ゲートで制限されたイベントカウンティング
・Up/Down カウント
・基本的なエンコーダー・カウント

■DS-TACHO1

・アナログの回転速度計信号をTTLに変換
・43/MINITAUR/SIRIUS上でのカウンタ入力(Lemo7pin)に最適
・±100V入力アイソレーティッド
 調整可能なトリガしきい値:±10mV…±2V

仕様

カウンタ/デジタル入力 
 形式  カウント、波形タイミング、エンコーダー、回転速度計、ギア歯
 カウンタタイムベース  102.4MHz
 カウンタレゾリューション  32bit
 互換性  TTL/CMOS
 構成  プルアップ100kΩ
 入力低レベル  -0.7~0.7V
 入力高レベル  2~5V
 過電圧保護  ±30V入力保護