製品情報DEWESoft社製品

HOME > 製品情報 > DEWESoft社製品> MINITAUR

PCユニット内蔵 アナログ8ch データロガー

PCユニット内蔵 アナログ8ch カウンタ入力8chを搭載したデータロガーです。DSIアダプタを併用することで、電圧,ひずみ,IEPE,チャージ,熱電対,RTD,電流,抵抗、およびLVDT信号などさまざまな入力に対応します。

MINITAUR

PCユニット内蔵

PCユニット内蔵 アナログ8ch カウンタ入力8chを搭載したデータロガーです。

  • オールインワン
    データロガーと強力なPCユニットを一体型 
    CPU:Intel Core i3,リムーバブルSSD:250GB(OP 1TB), WiFi, LAN 2ポート, GPSオプション(10Hz,100Hz)
  • ユニバーサルアナログ入力
    DSIアダプタを併用することで、電圧,ひずみ,IEPE,チャージ,熱電対,RTD,電流,抵抗、およびLVDT信号などさまざまな入力に対応します。
  • 高分解能
    各チャネルに24ビットデルタシグマ型A/Dを2個搭載
    ダイナミックレンジ:160dB(レンジを1/1億分の分解能で計測)
  • 高精度な同期性
    アナログ,デジタル,またはCANの各チャネルは、マイクロ秒の精度で同期
強力なPCユニット
  • Windows®10搭載
  • リム―バルSSD 250GB内蔵 オプション:960GB
  • GPSオプション : 10Hz,100Hz,RTK
  • Intel® CoreTM i3,2x 2.1 GHz base,4 threads
  • データスループット 180Mbps
  • 1xWLAN 2xGLAN  1x EtherCAT® 搭載
オプション

オプションで10Hz, 20HzのGPSが内蔵でき、SIRIUSシリーズと組み合わせて、速度,距離,アナログ,CAN-BUSなどの同時計測が可能です。 また、GPSアップグレードとして100HzのGPSを搭載することもできるので、1台でさまざまな車両挙動計測に対応可能です。

さらに、RTK-GPSを内蔵することで2cm, 20cmの位置精度で計測することも可能です。 RTKシステムは従来の基地局タイプ(フィールドに設置)とムービング RTK タイプを切り替えて使用可能です。ムービング RTK は主に複数車両の高精度位置計測に使用されフィールドに基地局を設置せず(基地局車両も走行)に、高精度位置計測をすることができます。(用途:FCW 計測)

大容量データSSDの交換

オプションのフラッシュディスクを利用することでSSDはデータのみを収録する領域として使用できます。 画像などを伴う大容量データ収録時は、SSDの交換で直ぐにデータ収録領域を確保できます。 また、交換用SSDにはUSBアダプタが付属されており 別のパソコンでデータ読み込みが可能です。

タブレットPCでの遠隔モニタリング

MINITAURとタブレットPCをWLANで接続することで離れた場所でのデータ モニタが可能です。 MINITAURに接続されたセンサが離れた場所にある場合、センサ設置場所にタブレットPCを置くことでセンサ接続チェックが容易となり工数低減に貢献します。

デュアル高速・高分解能A/D内蔵ダイナミックレンジ137dB

200kHz,24bit,アンチエリアジングフリー,デルタシグマタイプのA/Dを各チャネルに2個実装しています。入力モジュールのオートレンジ機能と連動して高いダイナミックレンジを実現。ACCタイプのアンプモジュールは137dBもの高ダイナミックレンジを有しています。

拡張性

MINITAURはチャネル増設として、他のDEWESoft社製データロガーと簡単に接続することができます。 SIRIUSシリーズはUSBインタフェースで、KRYPTON, IOLITEシリーズとはEtherCAT®インタフェースで接続し、すべてのデータを1ファイルとしてMINITAURへ収録します。


PAGE
TOP