アプリケーションAPPLICATIONS

HOME > アプリケーション > 電力・環境エネルギー

電力・環境エネルギー Power & Energy

コンパクト高精度パワーアナライザ

DEWESoft パワーアナライザは 、世界最小で最も強力なパワーアナライザです。 強力なソフトウェア機能と組み合わされた柔軟なハードウェアプラットフォームは、あらゆる種類の電気測定に対して対応いたします。

eモビリティ

主な特長

従来のパワーアナライザを超える提案

DEWESoftのパワーアナライザは、従来の電力アナライザよりも多くの利点をもたらします。電力解析の他に、機械的要素の計測にも柔軟に対応します。

  • 複数の計測器を1つシステムに集約
    パワーアナライザ,燃焼解析装置,オシロスコープ,データロガー,スペクトラムアナライザ,騒音計,CANロガー等をワンシステムに搭載
  • すべてのデータの同期収録
    電気データ(電圧/電流),機械データ(音/振動/ひずみ/温度…)、車両バスデータ、測位(緯度/経度/速度)データ,ビデオなどを1つのシステムの1つのデータファイル形式での収録
  • 電力解析と生データの保存
    多くのパワーアナライザと異なり、本システムでは電圧,電流の生データを保存。
    生データは後解析や他の機械データとの検証に非常に有効です。
  • リアルタイム演算処理
    リアルタイムの電力解析は1ms値で実施
  • 強力な電力解析
    本システムでの電力解析項目は100を超えます。
  • スタンドアローンシステム
    SSDストレージ,高速CPU,ディスプレイおよび内蔵バッテリを備えたポータブルなモバイル計測システムも提案できます。

これらの機能はすべて1つの計測システム内で実現します。 DEWESoftパワーアナライザは、データの同期,視覚化,保存,比較などのさまざまな計測課題を解消します。

高精度電力解析

電力解析には高精度のアンプの使用が必須です。
高速高電圧入力(1.6kV)および高速低電圧入力用(100V)のSIRIUS アンプモジュールの基本的な精度は、DCから1 kHzで読み取り値の0.03%です。
この周波数範囲での精度は、周波数が可変する電力システムの計測では大変有効です。
多くの従来パワーアナライザは50Hz / 60Hzでのみ精度を保証しており、他の帯域ではの精度はかなり悪化します。
(右グラフの灰色の線を参照)

高精度アンプモジュール

SIRIUS電圧アンプは高帯域幅(最大2 MHz)と高速サンプリング(1 MS / s)に加えて、0.03%の高い精度を有しています。 また、フィルタリング機能(100 kHz、5次、ベッセル)またはFPGAのプログラマブルデジタルIIRフィルタを備えています。

最大500 kHzの帯域幅要件では、完全なフィルタチェーンが構成されます。

センサ補正

電圧および電流トランスデューサには、常に周波数に依存する振幅誤差と位相シフトがあります。
DewesoftX独自のソフトウェアキャリブレーションテクノロジーにより、DCから1 MHzまでの全周波数範囲で振幅と位相を補正できます。
(例:AC / DCクランプ,ロゴスキーコイル,グリッド電流および電圧トランスデューサ)

さまざまな電力結線対応

Dewesoft Xはさまざまな電力結線を視覚的に表示し設定を容易にしています。 それらは、単相,スター結線,デルタ結線,V結線,アロン結線,およびスター/デルタ結線の組み合わせです。

強力なハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、6,7,9,12相モータの解析も可能です。

電力解析

ソフトウェアは、電圧および電流のデータだけでなく、すべての電力パラメーターも自動的に計算して保存します。

 有効電力,無効電力,皮相電力,ひずみ
 cosΦ、力率
 各高調波のP,Q,cosφ

各パラメーターは、レコーダ表示,デジタルまたはアナログ表示で視覚的に確認できます。

スター-デルタ計算

デルタ結線では、スター結線のすべての値と波形を計算でき、
またその逆も可能です。

波形:U1、U2、U3 <> U12、U23、U31

複数の電力解析

1つのシステムで複数の電力解析を実行することが可能です。
SIRIUS-R8を使用すると、完全に同期した3相交流を8フレーズ測定できます。
さまざまな周波数(DC,50Hz,可変周波数)や結線(1相,3相など)の解析を実行できます。トルク,速度,ノイズ,温度、振動などの追加の機械要素信号も同期計測が可能です。

典型的な構成

  • モータ&インバータ:3x 3相AC電源(可変周波数)
  • 電機自動車:4x 3相AC電源(可変周波数),6x DC電源
  • 航空機:5x 3相AC電源(400 Hz),1x 1相AC電源(50 Hz),
    5x DC電源
  • 船舶:7x 3相AC電源(50 Hz),4x 1相AC電源(50 Hz),
    1x DC電源
  • 鉄道:1x 3相AC電源(50 Hz),3x 1相AC電源(16.7 Hz),
    3x DC電源

周波数演算

ソフトウェアDewesoft Xは、非常に正確な周波数計算(mHz)を保証します。 1つのシステムで複数の電力システムを測定でき、それぞれが独自の周波数を持つことができます。

可能なライン周波数

16.7 Hz:鉄道セクター
25 Hz:パブリックグリッド
50 Hz:パブリックグリッド
60 Hz:パブリックグリッド
400および800 Hz:航空宇宙
可変周波数:インバーター(0.5 Hzから3 kHzまで)

指定期間演算

DEWESoft電力アナライザは、次の指定期間の値を自動計算します。

各フェーズおよび合計のU,I,P,Q,S,PF
対称コンポーネント(正,負,およびゼロシーケンスシステムのU,I,P,Q)
定義可能なサイクル計算(1 / 2,1,2,または4サイクル)
最大99%のオーバーラップ(1 msスライド)

周波数源の選択

DEWESoftシステムでは、周波数ソースとして電圧,電流または外部ソースを使用するかどうかを選択できます。

これは、特にインバータ計測で非常に有効な機能です。周波数はPWM変調された電圧信号の場合、正しい期間を正確に決定できないことがよくあります。

モーターコイルのインダクタンスは高いため電流の歪みは少なくなります。したがって、インバータ計測で電流を周波数源として使用することが良い場合が多くなります。この機能により、すべてのアプリケーションで正しい周波数が得られます。

オシロスコープとベクトルスコープ

オシロスコープ
・選択可能なグラフ
・U1,U2,U3,U12,U23,U31:ライン間および
 ライン間電圧がサポートされています
・1つのエリアで最大8つの信号を重ね表示可能
・ズームインとズームアウト機能搭載
・波形を保存できます


ベクトルスコープ
・3相システム用ベクトルスコープ
・個々の高調波を表示できます
・複数のベクトルスコープを一度に表示できます
・異なる電力システムを表示できます
・複数システムの位相の直接比較は「透過」機能で可能です

レコーダとX-Yレコーダ表示

DEWESoftパワーアナライザーは、時間領域データをビジュアルレコーダとして表示します。


レコーダ表示
・個々の間隔で、すべてのパラメータを表示
・個々の画面を自由に定義できます
・ズームインおよびズームアウト機能
・高速表示(フルサンプリングレート)または間引き表示(例:600秒)
・パルス幅への詳細なズームイン

X-Yレコーダー表示
・軌道はオンラインで生成できます
・この関数の例としての「P vs Q」表示

フォルト&トランジェントレコーダ機能

DEWESoft電力アナライザは、フォルト&トランジェントレコーダとしても使用できます。DewesoftXは高度なトリガ機能を搭載しています。

・可能なすべてのチャネルでトリガー
 (アナログ、デジタル、電源、数学など)
・パワーモジュールのすべてのパラメーターにトリガーを設定
・U,I,P,Q,S,D、cosφ,力率など
・各高調波
・ポジ,ネガ,ゼロシーケンスシステム
・非常に高速なグリッチ検出(最大MS / s)
・演算チャネル(rpm,トルク,効率など)

演算を使用して複合トリガ条件を作成できます。トリガイベントが発生すると、データは高速サンプリングレートで保存されますが、それ以外の場合は間引きされたデータ(最小,最大,平均,RMS)のみが保存されます。これにより長期間測定でのファイルサイズが小さく抑えることが可能です。

センサ校正とセンサ精度

電圧および電流変換器には、常に周波数依存の振幅誤差と位相シフトがあります。DEWESoft独自のソフトウェアキャリブレーションテクノロジにより、DCから1 MHzまでの全周波数範囲で振幅と位相を補正できます。
フィルタ応答などのすべての内部曲線はソフトウェア内で補正され、センサデータベースには、各クランプ,ロゴスキーコイル,トランス,または使用されているセンサの補正曲線が含まれます。

センサ電源供給

SIRIUS MCTSユニットは、当社の高精度電流センサ用の電源供給ユニットです。 MCTS電源ユニットはSIRIUS R4 またはSIRIUS R8などのスタンドアロンシステム用(上部)と、SIRIUS単品モジュール(下部)用が準備されています。


PAGE
TOP